MBS 毎日放送

目次

第78回 木下鮎美

―いつごろからお笑いに興味を持たれたんですか?

私、もともと帰国子女だったんです。7歳~9歳の頃に2年半くらいオーストラリアに住んでいて、日本に帰って来てクラスになじめずにいた時に、ひとり面白い子がいて、笑わせてくれたりして、「かっこいい!」って。
そんな経験があって、小学校くらいから、人を笑わせたりする人は「すごいな~」と思っていました。

でも、その頃は日本のお笑いはわかってないと言いますか、芸人の人を見てもピンと来てなくて、新喜劇をやろうとも全く思ってなかったんです。
ただ、小学校が創立記念日でお休みの時に、家族で新喜劇を見に来たことがありまして…。
衝撃を受けました。
「魔法みたい! 最後いい話になってる!」って。
まさか自分がその舞台に立つとは思ってなかったですけど。

(大学では?)
大学では落語研究会に入ってました。でも、お仕事にしようとは全く思ってなくて。
いざ就職活動という時に、英語は喋れるんですけど、どこに行ってもあんまり…。

一応、内定先もあったんですが、留年しまして。
そんな時に、吉本新喜劇の金の卵オーディションを受けたんです。
全く違う分野だったら、思い切ってやって失敗してもダメ元かな、って。
そしたら受からせてもらって。

(大学へ行って、ご家族は何で?って思われたのでは?)
そうなんです。
ちょっと話がそれますけど、私、絵を描くのが得意で、「美大に行きたい!」くらいだったんですが、家が教育に厳しい感じでして、親にすごい反対されて諦めてしまったんです。
就職する時に絵に関わる仕事がしたいと思っても、やっぱり専門学校に行かれた方が強くて。
専門学校には親の反対を押し切って行かれた方もいるので、その時初めて「押し切るっていう力が自分にはなかった」と気づいて。
就職するかお笑いするか、今度は親には相談せずに、入ってから言おうと思いました。

  • 戻る
  • 次へ

/

バックナンバー

× 閉じる