MBS 毎日放送

目次

第102回 ボンざわーるど

―芸人になろうと思われたのはいつ頃ですか?

僕、今41歳なんですけど、決意したのは18歳の高校生の時ですね。
大阪の阿倍野出身で、小学校、中学校、高校の文化祭とか修学旅行でずっと漫才をやってたんです。
高校生の時に修学旅行でやった漫才を教頭先生が見てて、「吉本行けよ!」って。

(あははは~大阪あるあるですね~(笑))
でも僕、もともと警察官になりたかったんですよ。

(え~っ!? 全然違う(笑))
そうなんです。
警察官になりたくて、高校3年の秋に公務員試験を受けたんですけど、落ちちゃいまして。
そこで悩んでて、たまたまパソコンで姓名判断を見たら、向いてる職業に「コメディアン」とあって。

その時に、教頭先生の言葉を思い出して、「あれ? 僕に向いてるのかな?」と。
そこから、吉本の願書を取りに行ってすぐ送って、NSCに受かって、そのまま入っちゃいましたね。
だからきっかけは姓名判断なんですが、自分が小学校の頃から漫才をやってて「好きやな」と思ってたのがリンクして・・・インスピレーションですね。

(警察官志望からお笑いって、家族の方は?)
びっくりはしてましたけど、そういうのが好きやというのは知ってたし。
僕は3男で末っ子なんで、すごい自由にさせてもらってて、したいことをすればいいって、行かせてくれましたね。

  • 戻る
  • 次へ

/

バックナンバー

× 閉じる