第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選 組み合わせ決まる 来月20日開幕、5チーム出場 /石川

 第99回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県高体連、県教委主催、県ラグビーフットボール協会共催、毎日新聞社など後援)の組み合わせが17日、決まった。合同チームを含めた5チームが出場し、10月20日に金沢市営球技場で開幕する。決勝は11月2日。優勝チームは12月27日に東大阪市の花園ラグビー場で始まる全国大会に出場する。

 出場チームは、日本航空石川▽鶴来▽金沢二水▽羽咋工▽合同チーム(小松、石川県工、金沢桜丘、金沢西、金沢学院の5校で構成)。

 第1シードで15年連続15回目の優勝を目指す日本航空石川が優勝候補筆頭にあがる。昨季の花園を経験したメンバーが多く残り、バックス、FWが一体となった攻撃で他チームを圧倒する。昨年決勝で涙をのんだ鶴来は走力がある選手らの運動量を生かし、試合の主導権をにぎりたい。金沢二水は小柄だが今年のチームとして公式戦初勝利を目指す。羽咋工は部員15人の小所帯でパスワークに自信がある。合同チームは全員で行う練習時間が少ないが、チームワークを磨いて大会に臨む。【井手千夏】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/9/18 14:43)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column