第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県春季大会 8日の決勝戦は光泉VS滋賀学園 /滋賀

 県高校春季ラグビー大会(毎日新聞社後援)の準決勝2試合が1日、野洲市の希望が丘文化公園球技場であり、光泉と滋賀学園が決勝進出を決めた。決勝は8日午前10時、大津市の皇子山陸上競技場で行われる。

 光泉-石山は、光泉が前半2分、左プロップ八木基選手(2年)のトライで先制。CTB三宅颯馬選手(3年)、WTB林隆大選手(3年)、NO8竹林真慶選手(3年)が各2トライを決めるなど快勝。石山は果敢に攻めたが及ばなかった。

 滋賀学園-八幡工は、滋賀学園が前半16分、SH福山太陽選手(3年)のトライで追いつき、FB小松頼斗選手(3年)のキックで逆転。その後も5トライを決めた。八幡工は後半、5点返すなど粘りを見せたが及ばなかった。【菅健吾】

 ▽準決勝

光泉   80 38-0  0 石山

        42-0

滋賀学園 34 19-5 10 八幡工

        15-5

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/6/2 15:57)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column