第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

初Vで中川市長表敬 宝塚出身の大阪桐蔭・三島さん /兵庫

 第98回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟など主催)で初優勝した大阪桐蔭(大阪第1)のメンバー、三島琳久(りく)さん(18)=3年=が20日、自宅がある宝塚市の中川智子市長を表敬訪問した。

 三島さんは、小学4年の時に宝塚ラグビースクールで楕円(だえん)球を追い始めた。「体を張るスポーツであるところが魅力」ととりこになり、大阪桐蔭では、俊足を生かしてウイングやセンターのポジションで活躍。昨年12月27日~今年1月7日まで行われた大会では4トライを挙げ、初優勝に貢献した。

 2018年度の高校日本代表候補にも選ばれており、近畿大へ進学後もラグビーを続ける。

 中川市長が「がむしゃらに頑張って、世界を舞台にした活躍を目指してください」と激励すると、三島さんは「1年生で近畿大のレギュラーになりたい。ゆくゆくは日本代表入りをし、ワールドカップに出場したい」と話した。【土居和弘】

〔阪神版〕

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/2/21 14:23)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column