第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

江津市長に16強報告 石見智翠館部員ら /島根

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)でベスト16に入った石見智翠館ラグビー部の選手4人らが18日、江津市役所を訪れ、山下修市長に結果などを報告した。

 田中寛大主将(18)はチームについて「人間性を育ててもらった。毎年、1年生との間に壁があるが、次に新しく入っても3学年つながりの取れたチームになってほしい」と期待した。

 安藤哲治監督(45)は3回戦の桐蔭学園(神奈川)戦について「前半はディフェンスが粘れていたが、後半は付いていけない局面があった」と振り返り、「3年生が抜けた後もしっかり経験を付けさせ、ベスト8以上に行けるチームにしたい」と話した。【柴崎達矢】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/22 13:46)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column