第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

大阪桐蔭「連覇目指し精進」 大東市長らに初優勝を報告 /大阪

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会で初優勝を果たした大阪桐蔭の選手たちが15日、大東市役所を訪れ、東坂浩一市長らに優勝を報告した。

 市議会本会議場であった報告会には、選手や綾部正史監督らが出席。一部市議も見守る中、綾部監督は、ブレザー姿の選手の名前を一人ずつ呼び上げて紹介し、「目の前のことに一生懸命取り組める生徒たちだった。来年度は、全国大会連覇の報告ができるように、精進していきたい」とあいさつした。東坂市長は「今回の優勝を大きな人生の自信とし、将来の社会を支えてほしい」と激励。花園での活躍をたたえ、市から花束が贈られた。

 報告会後、花園で主将を務めた松山千大さん(3年)は「後輩たちには、個性をつぶすことなく自分たちのラグビーを求めて再び優勝を目指して頑張ってほしい」と語った。【加藤佑輔】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/16 14:12)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column