第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

高校ラグビー 桐蔭学園・今野「上を行かれた」」密集戦での力の差痛感

 桐蔭学園のロック今野は「やり込んできたブレークダウン(ボールの争奪戦)やコンタクトで上を行かれた」と密集戦での力の差を痛感した。

 2点を追う後半17分にはゴール前のモールを押し込まれ、痛恨のトライで突き放された。神奈川県予選の直前、主将の小西が高校日本代表で長期間チームを離れた時には副主将としてチームをまとめ、自身やチームの成長も実感していたが、あと一歩及ばなかった。「この悔しさをプラスに変えてほしい」と、後輩たちに思いを託した。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/7 22:43)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column