第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

リードされても浮足立たず 昨年の悔しさ生かした大阪桐蔭

○大阪桐蔭(大阪第1)26―24桐蔭学園(神奈川)●(高校ラグビー決勝・7日)

 苦い準優勝から1年。2年連続で進んだ決勝の舞台で大阪桐蔭が力強さを発揮し、「平成最後」の大会で初めて頂点に上り詰めた。

 圧倒したFW戦が力強さの象徴だった。5点差を追う後半7分、FWで勝負に出た。相手ゴール直前での密集からプロップ江良が持ち出してトライ。ゴール成功で逆転すると、10分後にも約15メートルにわたってモールを押し込み、最後はフランカー奥井がインゴールに飛び込んだ。

 相手の巧みなパスワークに翻弄(ほんろう)され、リードを許して前半を折り返したが、「点を取られても浮足立っていなかった」と綾部監督。選手たちは冷静だった。試合前にモールへの相手防御が弱いと分析し、ハーフタイムで「FW戦にこだわろう」(奥井)と再確認。モールを中心に接近戦に転じ、綾部監督は「相手が嫌がるだろうなと思った。時間をかけて勝負できた」と胸を張った。

 初めて決勝に進んだ前回は、後半途中から相手に傾いた流れを止められず逆転負け。当時1年生ながら先発出場し、号泣した奥井は「悔しい思いをしたからこそ、優勝できた」。今大会は初戦からフィジカルの強さを生かし、奥井や江良、さらに主将の松山、高本の両CTBらの突破力で相手を圧倒してきた。

 チームが愛称にする「白い旋風」を巻き起こし、平成では8校目の初優勝校となった。2年生の奥井は「花園にまた、強いチームを作って戻ってきたい」。再び歴史を刻む覚悟を示した。

【村社拓信】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/7 20:48)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column