第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

「初の単独優勝を」 桐蔭学園、きょう決勝 /神奈川

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連など主催)で、県代表の桐蔭学園は7日、大阪桐蔭(大阪第1)との決勝戦に臨む。第90回大会で東福岡と両校優勝を果たして以来の全国の頂点を目指す桐蔭学園。部員たちは6日、神戸市内のグラウンドで最後の練習に汗を流した。

 この日、選手たちは円陣を組んで気を引き締める一方、時折笑顔も交えるなどリラックスした表情も見せた。普段の練習メニューに加え、プレー中の選手同士の動きをイメージしたトレーニングなどを行った。

 対戦相手の大阪桐蔭には、前回大会の準決勝で敗れている。藤原秀之監督は「相手は守ったり攻めたりできるが、うちは守るわけにはいかず、リスクを取って攻めるしかない。体の大きさも違うし、花園は相手の地元でもある。圧倒的優位は変わらない。チャレンジャーとして臨む」と語った。昨春の全国高校選抜ラグビー大会の決勝戦で大阪桐蔭を降したこともあるが、小西泰聖主将(3年)は「花園での借りがある。決勝戦ではボールを動かし続けるチームの持ち味を生かし、初の単独優勝を達成したい」と意気込んだ。【洪〓香】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/7 12:56)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column