第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

桐蔭学園、地道に流れを引き寄せ 高校ラグビー

 ○桐蔭学園(神奈川)46―38東福岡(福岡)●(高校ラグビー準決勝・5日)

 一瞬、攻撃の判断を迷った相手に、桐蔭学園のフランカー渡辺は両腕を大きく広げてタックルし、覆いかぶさった。紺のジャージーが次々と群がり、ボールを奪う。同点の後半15分。我慢がチャンスに変わった瞬間だ。

 ゴールまではまだ40メートル。だが、突然ボールを失った相手の防御ラインはバラバラに崩れていた。テンポ良くパスを回すと、最後は右の大外で一人余ったWTB西川が、力強い走りでボールをインゴールに運んだ。瞬く間の勝ち越しトライに、藤原監督も「ポイントへの集散ではやや上回っていたので、チャンスはあると思った。相手を差し込んだ最初のタックルに尽きる。一気に流れが変わった」とうなずいた。

 全国屈指の華麗なパスラグビーが最大の強みだが、大一番で選手たちがこだわったのは激しい防御だ。前半のキックオフからCTB江川が気合の入ったタックルで仲間をもりたてると、故障明けのフランカー西山もビッグタックルを連発。「(パス主体の)きれいなラグビーに見えるかもしれないが、それも泥臭いプレーを徹底してこそ」と西山。ガツガツと体をぶつけ、地道に流れを引き寄せた。

 互いに切磋琢磨(せっさたくま)してきた東福岡から花園で初めて勝利し、藤原監督も「非常に大きい。選手の自信にもなる」とその意味を強調する。頂点へ、あと1勝。悲願の単独優勝で、チームの歴史に新たな一ページを刻む。【角田直哉】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/5 19:42)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column