第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

大阪桐蔭監督、初の先制許すも「全く気にせず」 高校ラグビー

 ○大阪桐蔭(大阪第1)31―17流通経大柏(千葉)●(高校ラグビー準決勝・5日)

 今大会初めて先制を許したが、大阪桐蔭の綾部監督は「全く気にしなかった」という。予想通り、直後にバックスが連続トライ。自慢の強力FWの突破に頼らずとも主導権を奪い返し、攻撃の引き出しがチームの総合力の高さを際立たせた。

 バックスを生かすための綿密なサインプレーが、流れを決定づけた。5点を追う前半12分、ゴール前5メートルでのスクラムにボールを入れたのは、いつものSHではなくフランカーの奥井。スクラム左側から投入後すぐさま反対側に回り込むと、つられて相手ハーフ団も同じ方向へ。この瞬間、「(トライを)確信した」とWTB野村。奥井がいる右側とは逆の左サイドに展開し、野村はタックルすら受けずにインゴールに飛び込んだ。さらに2分後、ハーフウエーライン付近からSO嘉納が抜け出し、バックスの走力でトライを取り切った。

 準々決勝までの3試合は接点でFWがボールを制圧し、そのまま力で前進を重ね、バックスでの展開は最小限にとどめてきた。そのため、流通経大柏は極力FW戦を避けようと前半からキックを多用したが、パントの応酬でも負けてはいない。CTB高本のキックなどを起点に攻撃を組み立て、相手陣深く攻め入ったことでよりバックス陣の能力が引き出された。

 高本には「これまではFWのチームだったが、今はバックスと両方で引っ張っている」自負がある。準優勝に終わった前回大会から1年。盤石の状態で、再び最終決戦に臨む。【長宗拓弥】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/5 19:34)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column