第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

準々決勝 大阪桐蔭、機動力で制す 常翔学園、勢いにのまれ /大阪

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高体連など主催)は3日、準々決勝があった。大阪桐蔭は38-17で報徳学園(兵庫)を降し、常翔学園は14-19で流通経大柏(千葉)に敗れた。5日の準決勝で、大阪桐蔭は流通経大柏と午後0時45分から第1グラウンドで対戦する。【加藤佑輔、前田葵】

大阪桐蔭 38 26- 7 17 報徳学園

        12-10

 関西の強豪対決となったこの日、大阪桐蔭が機動力で試合を制した。

 前半6分、フリーキックからフランカー奥井章仁選手(2年)が、1人で持ち込み先制トライ。22分にもラックからつないだボールを受けてインゴールに飛び込んだ。

 後半に入り、相手も積極的に自陣に攻め入ってくるが、CTB松山千大主将(3年)を中心に鋭いタックルで猛攻を阻んだ。「鬼の、鬼の、鬼のタックル」。スタンドでは応援団がメガホンを片手に声援を送り続けた。ラグビー部員の山中健生さん(3年)は「今日の試合も、桐蔭の特徴である接点の強さが存分に生かされている。この後も相手のプレッシャーに負けず、どんどん攻めてほしい」と笑顔を見せた。

 終盤は相手に2トライを許すも、終始試合を優位に進めノーサイドの笛が鳴った。試合終了後、奥井選手は「ボールを持った時の突破力では誰にも負けない。日本一を目指して頑張りたい」と話した。

流通経大柏 19  0-14 14 常翔学園

         19- 0

 前半は強力なBK陣を確実に止め攻撃を封じたが、後半に反撃を許すと流通経大柏のペースにのまれ逆転負けした。

 前半、NO8石田吉平選手(3年)らがタックルを受けながらも倒れず前進。4分にゴール直前の中央のラックから右へ展開しWTB高井優志選手(3年)が先制トライを挙げた。その後もBK陣が洗練されたパスワークで流通経大柏のディフェンスを翻弄(ほんろう)。18分にCTB北田駆選手(3年)のトライで突き放し無失点で前半を終えた。

 長年常翔学園を応援する滋賀県近江八幡市の下出正一さん(69)は「今年はいいチームだから勝ってほしい」と試合を見守る。しかし後半17分に30メートルラインで流通経大柏がパスをインターセプトしトライ。22分にもモールから抜け出され連続失点すると勢いにのまれ、26分に逆転を許してしまった。試合終了時間が迫り、「前で当たれ」とスタンドからも声援が飛ぶ。マイボールになるも、キャッチミスでボールを流通経大柏がキックでフィールド外に出し、ノーサイドを迎えた。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/4 12:37)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column