第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

天理、懸命な追い上げ届かず 高校ラグビー

 ○桐蔭学園(神奈川)44-29天理(奈良)●(高校ラグビー準々決勝・3日)

 天理が終盤、懸命な追い上げをみせた。18点を追う後半18分、相手陣ゴール前10メートル付近のラックから展開し、最後はWTB高崎がタックルを受けながらインゴールにダイブ。その4分後にはゴール直前のラックからプロップ中山が持ち出してトライ。その後突き放されて敗れたが、主将のNO8照井は「最後まで諦めず、体を張って接戦に持ち込めた」。系列の天理大が全国大学選手権で決勝進出を決め、そろって優勝を目指していただけに「(天理大に)勇気をもらい、絶対に勝ちたかった」と目を真っ赤にして悔しがった。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/3 16:56)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column