第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

近畿大会決勝と同カード、大阪桐蔭が優位 高校ラグビー

準々決勝 A大阪桐蔭(大阪第1)―B報徳学園(兵庫) =11時55分

 同じ顔合わせだった近畿大会決勝で、56―7と快勝した大阪桐蔭が優位。大阪桐蔭は107キロのフランカー奥井をはじめ、運動量豊富な大型FWが密集でのボール争奪戦に強さを見せる。持ち味の強固な防御に加え、2試合計176得点の攻撃力も健在だ。報徳学園はスピードあるバックス陣を生かした展開力で対抗したい。

 3回戦で先発したFWの平均体重は大阪桐蔭94.9キロ、報徳学園が91.3キロ。

※AはAシード、BはBシード。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/2 15:09)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column