第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

航空石川、追撃及ばず 国学院栃木に12-28で敗れる /石川

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)で、県代表でシード校の日本航空石川は30日、初戦となる2回戦で国学院栃木(栃木)と対戦し、12-28で敗退した。最後まで逆転を信じ果敢にタックルを繰り返した選手たちに、観客からは惜しみない拍手が送られた。【宗岡敬介】

 序盤は日本航空石川ペースだった。何度も敵陣深くまで攻め込むが、スクラムで反則を犯すなどトライを取り切れない。HO石山愁太主将(3年)は「ゴール前の反則を無くしていたら、もっといい流れがきていた」と唇をかんだ。

 前半12分に先制トライとゴールを奪われたが、5分後にゴール前中央のラックから左へ持ち出したLO根笹圭翔選手(3年)が「自分がトライを取り切ろうと準備していた」と、トライにつなげて食らいついた。

 前半を9点差で折り返したが、後半も苦しい展開が続く。後半17分には危険なプレーをしたとしてシンビン(一時退場)で選手1人を欠く厳しい状況に。それでも、20分に根笹選手が意地のトライを見せる。SO嶋竜輝選手(1年)も「チームのために何が何でも決める」とゴールを決めて、一時9点差まで迫ったが、及ばなかった。

 半数以上を1、2年生が占める若いチーム。嶋選手は「一人一人が強い心を持った選手になり、またここに戻ってきたい」と誓った。

 ▽2回戦

日本航空石川 反11

 1 0 0 0  5 1 1 0 0  7 12

 T G P D  前 T G P D  後  計

 2 2 0 0 14 2 2 0 0 14 28

国学院栃木 反6

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/31 12:39)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column