第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

流通経大柏が快勝 あす京都成章と対戦 /千葉

 東大阪市花園ラグビー場で開かれている第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連など主催)は30日、県代表でBシードの流通経大柏が2回戦で早稲田実(東京第1)と対戦し、9トライを挙げて53-0と快勝した。流通経大柏は1月1日の3回戦で京都成章(京都)と対戦する。【姜弘修】

9トライで圧倒

 前半5分、ボールをつないで作田駿介選手(2年)がトライを決め先制。直後の同8分にも左へ展開し、柳田翔吾選手(3年)がトライを挙げた。同22分には敵陣ゴール前のラインアウトからモールで押し込むなど、前半だけで五つのトライを重ねた。

 花園まで応援に駆けつけた同高事務職員の倉持麻由美さんは「いつも通りの活躍をしている。このままスピードのある攻撃で畳みかけ、一気にいってほしい」と、躍動する選手たちを見守った。

 後半は早稲田実の必死のディフェンスもあり、敵陣に攻め込んでもトライにつながらない時間帯が続いた。だが、次第に縦への推進力が出始め、同20分になって敵陣ゴール前のラックから野澤伴丞選手(3年)がトライ。相手を上回る展開力を発揮し、その後も永山大地選手(同)らバックス陣が立て続けにトライを決め、相手には最後まで得点を与えず完封した。

 ▽第2回戦

早稲田実 反6

 0 0 0 0  0 0 0 0 0  0  0

 T G P D  前 T G P D  後  計

 5 2 0 0 29 4 2 0 0 24 53

流通経大柏 反2

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/31 11:33)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column