第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

石見智翠館34-7秋田中央 石見智翠館、華麗パス

第2日(28日・東大阪市花園ラグビー場)

 石見智翠館のSO落が華麗なパスで流れを変えた。2点を追う後半3分。相手陣30メートルでのラックから球出しを受けてゴール前に迫ると、タックルで倒されながらも最後は右手だけでパス。パスの相手が見えず声だけが頼りだったが、うまく反応したCTB佐藤友にボールが渡り、逆転トライにつなげた。主導権を奪い返すと、後半は5トライに無失点と圧倒。司令塔は「プレーでチームに貢献できた」と胸を張った。4大会ぶりのノーシードでの出場だが、安藤監督は「個々の能力は高い」と期待する。高校日本代表候補5人を擁するチームが初戦からその片りんを示した。

秋田中央(秋田) 反8

 1 1 0 0 7 0 0 0 0  0  7

 T G P D 前 T G P D  後  計

 1 0 0 0 5 5 2 0 0 29 34

石見智翠館(島根) 反8

 ▽主審=加古大樹

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/29 16:48)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column