第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

1回戦 石見智翠館、逆転 後半猛攻、秋田中央を圧倒 /島根

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(日本ラグビー協会、毎日新聞社など主催)は28日、東大阪市花園ラグビー場で1回戦があり、県代表の石見智翠館が秋田中央(秋田)との初戦に臨んだ。雰囲気にのまれて硬さが目立ったが後半に猛攻を見せて白星。2回戦は30日午前10時15分から尾道(広島)と対戦する。【前田葵】

 秋田中央は花園の学校別優勝回数15回の最多記録を持つ秋田工を破って登場した。

 石見智翠館は前半12分、敵陣22メートルのラックから展開しWTB高橋紫苑選手(3年)が右中間に先制トライ。しかし風上の利点を生かしてキックで陣地を稼ぐはずが、反則が重なって反撃を許した。29分、ラックからトライを奪われ、ゴールキックも決まって5-7とリードされ前半を終えた。「もっとできるはず」と選手たちのイライラが募ったという。

 後半はSHを走力のある垣本大誠選手(3年)に交代。外にボールを振る展開で3分、CTB佐藤友亮選手(3年)がトライし逆転。これで流れが変わった。18分には中央スクラムから抜けだしたNO8武内慎選手(3年)がフィールドの半分を独走しトライ。チームを勢いづけ、その後は相手に自陣をほとんど踏ませず圧倒した。

有利な状況作り出す指示 SO落和史選手(3年)

 前半は苦戦し、後半は無失点で勝った石見智翠館。その陰には、SO落(おち)和史選手(3年)の急成長があった。後半、ボールをゴールラインへ運ぶが、トライ直前に右後ろから走り込んできたCTB佐藤友選手(同)にほぼノールックでパス。逆転トライを演出した。

 遠慮がちな性格。昨年出場した花園では「先輩たちをうまく動かす自信がなかった」。この1年、変わろうともがいた。「タックルに行け」と言うだけでなく、その前の段階からDFラインを上げるといった有利な状況を作り出すことを指示するよう自分に課した。練習では仲間が理解するまでコミュニケーションを徹底した。この日の花園初戦も、後半投入されたSH垣本大選手(同)と「よくしゃべるように意識した」。結果は、後半だけで5トライの猛攻につながった。

 今や「日本一を目指すチームに不可欠な存在」と安藤哲治監督も太鼓判を押す存在。それでも「自分が指示を出さなくても全員が今の状況と次のプレーを共有できること」と理想を高く掲げ、次戦に挑む。【前田葵】

 ▽1回戦

秋田中央 反8

 1 1 0 0 7 0 0 0 0  0  7

 T G P D 前 T G P D  後  計

 1 0 0 0 5 5 2 0 0 29 34

石見智翠館 反8

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/29 15:00)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column