第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

初戦向け練習に汗 報徳、あす大阪朝鮮と対戦 /兵庫

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)で、県代表の報徳学園の対戦相手は大阪朝鮮(大阪第2)に決まった。報徳学園の出場登録メンバー30人は28日午前、東大阪市花園ラグビー場で大阪朝鮮が日川(山梨)を29-14で破った試合を観戦。「激しいFWのぶつかり合いになる」と30日の初戦に向けて気を引き締めた。

 フランカーの大山卓真選手(2年)は「大阪朝鮮のFWは大きくて強い。バックスのスキル(技能)は報徳が上だと思うので、いいボールをつなぎたい」と話した。西條裕朗監督(55)は「FWが激しくぶつかり合うラグビーらしい試合になると思う」と語った。

 28日午後は西宮市内のグラウンドに戻り、約2時間練習。大阪朝鮮を意識したコンビネーションを確かめた。泉光太郎コーチ(43)は「報徳と大阪朝鮮の試合は注目されている。自信を持ってプレーしてほしい」と選手に呼び掛けた。

 最前列を担うプロップの実川竜太朗選手(3年)は「スクラムやモールで押されないようしっかり耐え、相手ディフェンスを突破したい」と意気込んだ。【石川勝義】

〔阪神版〕

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/29 14:52)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column