第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

桐生第一、強烈デビュー 米子工を終始圧倒 /群馬

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会など主催)は大会第2日の28日、東大阪市花園ラグビー場で1回戦があり、初出場の桐生第一は米子工(鳥取)を終始圧倒し、110-0で快勝した。2回戦は大会第3日の30日午前9時からシード校の常翔学園(大阪第3)と対戦する。【川崎健】

 「ディープインパクト」。初の花園に臨む桐生第一が掲げたテーマそのままに「強烈な印象」を残した試合運びだった。

 見せ場はいきなりやって来た。前半開始早々、敵陣10メートルライン付近のラックから左へ展開すると、最後はCTB奥田北斗選手(2年)が左中間にトライを決めて先制。ユニホームと同じスカイブルーの応援グッズを身につけたスタンドの保護者や生徒らは立ち上がり「まだまだ行けるぞ!」「ナイストライ」と歓声を上げた。

 その後も高校日本代表候補のSO斉藤誉哉選手(3年)を中心にグラウンドを広く使ったテンポの速い攻撃を展開し、前半だけで8トライを奪い試合を折り返した。

 後半も勢いは止まらない。攻撃を食い止めようと果敢にタックルを仕掛けてくる相手をかわし続け、後半22分にはフッカー明光棟吾選手(3年)が四つ目のトライを決めるなど点差を徐々に広げていった。

 最後まで相手に得点を許さないままノーサイド。その瞬間、選手たちは互いに抱き合ったりしながら喜びをかみしめた。

俊足生かし大活躍

 ○…桐生第一のCTB奥田北斗選手(2年)は先制トライを含め4トライの大活躍。50メートル走6・2秒の俊足を生かしグラウンドを縦横無尽に駆け回った。試合後、先制トライの場面を振り返り「立ち上がりに何とか良い勢いを作りたかった」と笑顔を見せた。強豪・常翔学園との次戦に向け「個人よりもチームが勝つためのプレーをしたい」と気を引き締めていた。

米子工 反3

 0 0 0 0  0  0 0 0 0  0   0

 T G P D  前  T G P D  後   計

 8 6 0 0 52 10 4 0 0 58 110

桐生第一 反0

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/29 15:03)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column