第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

開会式 城東、ハツラツ行進 きょう福島・聖光学院戦 /徳島

 第98回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連など主催)が27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕した。県代表で出場する城東は、県大会優勝旗を掲げた伊東汰歩主将(3年)を先頭に選手たちが腕を大きく振り、堂々と入場行進をした。聖光学院(福島)との初戦は28日午後2時、第2グラウンドでキックオフ。【岩本桜】

 今年のチームはBK(バックス)を中心に、エリアを広く使う展開ラグビーが持ち味。チーム結成当初は接触プレーの強さが欠けていたが、秋冬以降は実戦形式の練習でチーム力を高め、全国に通用する体作りに励んだ。練習場所は他部と兼用し、補講などで練習時間も限られる中、選手たちは試合を意識した質の高い練習を心がけ、県内ではこの1年、新人戦や春季大会、高校総体で優勝し、自信をつけている。

 FW(フォワード)の要は突破力のあるNO8(ナンバーエイト)の磯崎錬太郎選手(3年)。体格に恵まれ、スピードも兼ねそろえる。BKは同じくスピードのあるSO(スタンドオフ)の伊東主将やCTB(センター)の春木篤司選手(3年)と三木海芽選手(2年)らを中心に攻めていく。

 聖光学院は全国大会初出場。伊達圭太監督は「相手は展開力もありFWも強力。(城東と)チームカラーが似ていて、接戦が予想される」と分析し、「試合では相手にプレッシャーをかけて守りから流れを作りたい。まず1回戦を突破してその先を目指す」と意気込む。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/28 14:23)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column