第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

守備からリズムを 27日初戦 玉島、準備余念無く /岡山

 東大阪市花園ラグビー場で開催される第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)で、県代表の玉島(2大会ぶり2回目)は開幕日の27日、初戦に臨む。松本剛徳監督(47)は「一試合一試合、ディフェンス中心の玉島らしく戦いたい」と意気込む。目標はベスト16だ。【戸田紗友莉】

 部員はマネジャーを含めて32人と決して多くない。毎年勧誘の時期は苦労する。練習も、野球部やサッカー部と校庭を分け合う。雨天の日はトレーニングルームで筋トレにいそしむが、今年は走り込みが増えた。新しく加わった三宅裕介コーチの指導によるものだ。スタミナがつき、県予選決勝での逆転勝ちにつながった。

 守備からリズムを作るのが玉島らしさ。その要となるのが、ロックやフランカーを務める清水航平選手(3年)だ。入学時は細身だったが、練習後と就寝前にプロテインを飲み、夕食には500グラムの米を食べるなどし、3年間で体重を約15キロ増やした。180センチを超える長身を生かしたラインアウトでのジャンプも魅力だ。

 ナンバー8の岸上範勇輝(のりゆき)選手(2年)は「鍛えたフィジカルを生かして花園で暴れたい」と意欲を見せる。175センチ86キロと大柄ではないが、内に秘めた闘争心と積極的なプレーが持ち味だ。

 WTBの遠山裕也選手(3年)の強みは低いタックルとスピード。練習試合で相手に突き飛ばされたことが悔しく、膝の辺りを狙うタックルを身に着けた。そして家路はいつもトレーニングだ。小高い山の上にある家まで毎日全力で自転車をこぎ、快足を磨いた。「チームで誰よりもトライを決めたい」と気合が入る。

 県予選決勝で勝利のトライを奪ったフランカーの永谷玲温(れおん)選手(2年)は「今は絶好調。得意の低く刺さるタックルで会場を沸かせたい」と話す。

 FBの友定啓仁(けいと)選手(3年)は主将としてチーム内の雰囲気作りに気を配ってきた。学年に関係なく、練習前のミーティングで気を付けるべきポイントを出し合うようにしたところ、練習中の声掛けが増えた。弟でSOの尭也(たかや)選手(1年)とともに花園に挑む。

 玉島は初出場の一昨年、初戦敗退に終わった。今回、初戦の相手は北北海道代表の旭川龍谷(39大会ぶり3回目)だ。友定主将は「どれだけ隙(すき)を突けるかが勝負。雰囲気さえ良ければ負ける相手ではない」と自信をのぞかせる。松本監督は「相手はスピードのあるチーム。県予選決勝のように守備とセットプレーから得点につなげたい」と試合展開を見据える。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/25 15:07)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column