第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県代表の大津緑洋で壮行式 主将「花園でまず1勝」 長門 /山口

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)に出場する県代表の大津緑洋の壮行式が21日、長門市東深川の同校大津校舎体育館であった。

 県予選優勝旗を手にした末次遥人主将(3年)を先頭に入場する選手29人を、同校日置、水産両校舎を含む生徒約510人が拍手で出迎えた。原田治幸校長は「全国大会では簡単な試合は一つもないと思う。応援してくれる人に勇気と感動を与えるプレーを見せてください」と激励した。

 開会式で選手宣誓をする末次主将は「目標は花園でまず1勝を挙げること。皆さんの期待に応えられるよう、勝利で恩返ししたい」と決意を述べた。

 大津緑洋の花園出場は5年ぶり29回目で、大会初日の27日、東大阪市花園ラグビー場第3グラウンドで新潟工(新潟)と対戦する。【遠藤雅彦】

〔山口版〕

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/22 16:21)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column