第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

「感動与えられる試合を」 静岡聖光主将、市長に決意表明 /静岡

 27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)に出場する静岡聖光学院の選手らが21日、静岡市役所を訪れ、田辺信宏市長に花園での活躍を誓った。

 高成田光主将(3年)は「勇気や感動、元気を与えられる試合ができるように、選手全員で体を張って相手に立ち向かいたい」と決意を表明。奥村祥平ヘッドコーチは「静岡を背負って戦う気持ちを持って頑張りたい」と意気込んだ。

 静岡聖光学院は学校の方針で練習が週3回に限られている。田辺市長は「練習時間が短い中、どれだけ全国レベルの相手と戦えるか。新しい伝統の一ページを切り開いてください」と激励した。静岡聖光学院の花園出場は3大会ぶり5回目。初戦は28日午後0時40分から宮崎県代表の高鍋と対戦する。【松岡大地】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/22 11:49)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column