第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

秋田中央・吉田主将「日本一目指す」 /秋田

 27日に東大阪市の花園ラグビー場で開幕する第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)に出場する秋田中央高の選手らが11日、毎日新聞秋田支局を訪問した。

 秋田中央高からは和田央(ひさし)校長、古谷和義監督、吉田優馬主将(3年)が来訪。大槻英二支局長と歓談した。吉田主将は大槻支局長から意気込みを尋ねられると、「花園では目標である日本一を目指します」と力強く述べた。

 秋田中央高は10月の県予選決勝で秋田工高を24-14で降し、3大会ぶり11回目の優勝。昨年は0-36と苦杯をなめた相手に雪辱を果たし、花園への切符を手にした。3大会ぶりの花園では1回戦で石見智翠館(ちすいかん)高(島根)と対戦する。古谷監督は初戦について、「守備陣が粘ってロースコアに持ち込みたい」と語った。

 吉田主将は花園で最も戦いたい相手に、3大会前の前回出場時に敗れた桐蔭学園高(神奈川)を挙げた。吉田主将は「守備で粘って反撃を仕掛ければ、全国でも通用する」と自信を見せた。互いに順当に勝ち上がれば、桐蔭学園高とは来年1月1日の3回戦で対戦する。

 初戦の石見智翠館高戦は28日午後1時55分、同ラグビー場第1グラウンドでキックオフされる。【高野裕士】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/12 11:53)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column