第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

監督「花園に爪痕残す」 桐生第一壮行会で健闘誓う /群馬

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社主催)に県代表として初出場する桐生第一の壮行会が8日、桐生市民文化会館で開かれた。大会は27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕する。

 壮行会はラグビー部の保護者会が主催。新井穂(みのり)主将以下部員43人と依田有希部長、霜村誠一監督のほか、コーチ、トレーナーなど部の活動を支える人々も招かれ、集まった約100人がチームを激励した。

 あいさつに立った県ラグビーフットボール協会の山口和男理事長は「県予選の決勝(明和県央戦)は激しいタックルで前評判を覆す勝利だった。桐生市からの花園出場は、第37回の桐生工、第83回の樹徳に続き3校目。今度は群馬の代表として、花園で熱い戦いを見せてほしい」と激励。霜村監督は「選手は花園にきっと深い爪痕を残してくれる。ユーチューブの再生が100万回を超えるようなプレーを見せてくれると思う」と健闘を誓った。

 桐生第一の1回戦はは大会第2日の28日、米子工(鳥取)と対戦する。【高橋努】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/9 12:13)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column