第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

組み合わせ抽選 天理「日本一へ体張る」 初戦は30日、2回戦 和歌山工VS長野・岡谷工の勝者と /奈良

 27日に開幕する第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の組み合わせ抽選会が1日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールであった。県代表の天理はBシードで、初戦の2回戦で和歌山工(和歌山、4大会連続24回目)と岡谷工(長野、2大会ぶり30回目)の勝者と対戦する。初戦は30日午後3時15分に試合開始の予定。

 出場51校の主将らが参加し、Aシード校から順にくじのボールを引いた。天理の福島脩登・副主将(3年)も壇上に上がり、引いたボールの番号「8」を読み上げた。

 抽選会後、大役を終えた福島副主将は「どのチームも予選を勝ち抜いたチームなので油断できない。どんな相手でも天理らしくひたむきに体を張り続け、目標である日本一を目指して頑張りたい」と語った。

 天理は県大会決勝で24年連続の顔合わせとなった御所実を20-5で破り、3大会ぶり63回目の全国大会出場を決めた。【姜弘修】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/2 14:54)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column