第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

組み合わせ抽選会 国栃、若狭東と28日 吉岡監督「初戦突破し、勢いに」 /栃木

 東大阪市花園ラグビー場で27日に開幕する第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会など主催)の組み合わせ抽選会が1日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれた。19大会連続24回目の出場の国学院栃木は、28日の1回戦で若狭東(福井)と対戦することが決まった。【李舜】

 若狭東は3大会連続30回目の花園出場。県予選では、前大会の花園で活躍したWTBの木原健太選手(3年)などを中心にトライを量産した。国学院栃木の吉岡肇監督は「対戦したことがないので情報があまりない。しっかり準備して1回戦に臨みたい」と話した。

 同じブロックには、いずれもBシードの日本航空石川(石川)と報徳学園(兵庫)、ノーシードながらも実力がある大阪朝鮮(大阪第2)など強豪校が名を連ねた。

 1回戦を突破すれば顔を合わせる日本航空石川は、国学院栃木がBシードで臨んだ2大会前の初戦で対戦し、引き分け抽選の結果、次戦進出を阻まれた相手。吉岡監督は「今回はこちらがノーシードで立場が逆。1回戦で勢いに乗って、2年前と逆の展開にしたい」と意気込んだ。

 国学院栃木は今年も強力FWが健在。高校日本代表候補の中村公星主将(3年)をはじめFW前列3人は体重100キロ前後と大学生と遜色ない強さを誇る。県予選決勝では佐野日大をスクラムで圧倒し、36-14で降した。

 中村主将は「スクラムが花園でどれだけ通用するか楽しみ。1回戦はもちろん、2回戦の日本航空石川に勝って先輩たちのリベンジをし、元日を花園で過ごしたい」と決意を新たにした。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/2 12:09)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column