第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

シード13校が決定 桐蔭学園などAシード

 第98回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連、大阪府、大阪府教委主催)の実行委員会は26日、シード校13校を発表した。シード校の中でも高い評価を受けたAシードには桐蔭学園(神奈川)、大阪桐蔭(大阪第1)、東福岡の3校が選ばれた。Bシードは東西各5校となった。

 前回4強の桐蔭学園は今春の全国高校選抜大会で2連覇を果たした。大阪桐蔭は前回大会に続き、選抜大会でも準優勝した実力が評価された。東福岡は高校日本代表候補に11人が選ばれ、個々の能力も高い。【村社拓信】

シード13校

【Aシード】=3校

桐蔭学園(神奈川)

大阪桐蔭(大阪第1)

東福岡(福岡)

【Bシード】=10校(東5、西5)

黒沢尻工(岩手)

茗渓学園(茨城)

流通経大柏(千葉)

日本航空石川(石川)

中部大春日丘(愛知)

常翔学園(大阪第3)

報徳学園(兵庫)

天理(奈良)

佐賀工(佐賀)

長崎北陽台(長崎)

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/11/26 19:38)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column