第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

「花園で活躍を」和工選手が誓う 出場祝賀会 /和歌山

 12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高体連など主催)出場を決めた和歌山工の祝賀会が24日夜、同校で開かれ、選手たちは花園での活躍を誓った。

 祝賀会は保護者会が主催し、選手ら50人と保護者ら約65人が参加した。選手が一人一人前に進み出て大会まで残り1カ月間の目標を発表した。岡本一輝選手(3年)は「体を張ったフォワードを見せたい」と語り、岩崎勇樹選手(3年)は「県予選ではタックルの失敗があったので、この1カ月でミスをなくしたい」と決意を新たにした。

 その後、保護者が選手に応援の言葉を述べ、藤本蒼空(そら)選手(3年)の母未由紀さん(39)は「県大会決勝の感動を花園でも見せてください」とエールを贈った。

 「和工ファイト」などのメッセージが書かれた手作りのクッキーやケーキも振る舞われ、選手たちは笑顔でほおばった。【後藤奈緒】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/11/26 14:33)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column