第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県大会 城東とつるぎ、決勝進出 17日 /徳島

 第98回全国高校ラグビー大会県大会(県ラグビー協会、県教委など主催、毎日新聞社など後援)は11日、徳島市球技場(同市入田町)で準決勝2試合があり、第1シードの城東が城北を降し、第2シードのつるぎは脇町に勝利した。全国大会出場をかけた決勝の城東-つるぎは17日午後2時5分、同球技場でキックオフされる。

 城東は前半19分、ラックから右に展開し、ロック久次米が先制トライ。後半3分には、敵陣5メートル前中央から左に展開、WTB山上がトライを決めるなど突き放した。城北は後半28分、城東のパスミスからWTB須浪が持ち出しトライを決めた。

 つるぎは前半5分、NO8岡田が持ち出し先制トライ。後半25分にはハーフウェイ付近から連続攻撃を仕掛け、ラックからフランカー師水へつないでトライを決め、差を広げた。脇町は前半9分、FB安藤がトライを決めるなど食い下がったが、後半は1トライに抑えられた。【岩本桜】

 ▽準決勝

城北 反4

  0 0 0 0  0 2 1 0 0 12 12

  T G P D  前 T G P D  後  計

  2 1 0 0 12 7 5 0 0 45 57

城東 反5

脇町  反5

  2 1 0 0 12 1 1 0 0  7 19

  3 2 0 0 19 4 2 0 0 24 43

つるぎ 反5

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/11/13 15:58)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column