第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選会 若狭、9トライで圧倒 17日、若狭東と決勝 /福井

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、全国高校体育連盟、日本ラグビーフットボール協会など主催)の県予選会が11日、おおい町総合運動公園球技場で開幕した。準決勝1試合があり、若狭が57-17で敦賀工を退けた。決勝に駒を進めた若狭は17日午後1時、小浜市総合運動場陸上競技場で若狭東と対戦する。【高橋一隆】

 ▽準決勝

敦賀工

 2 1 0 0 12 1 0 0 0  5 17

 T G P D  前 T G P D  後  計

 4 2 0 0 24 5 4 0 0 33 57

若狭

 前後半で9トライを重ねた若狭が貫禄を見せた。先制された若狭は前半15分、FB長友楓也選手(3年)を起点とした攻撃でTB胆吹建人選手(2年)が逆転トライを決めて反撃開始。縦横に大きくグラウンドを使う展開力を発揮し、モールなどで粘り強く攻撃した敦賀工を突き放した。

 試合後は、健闘をたたえ合う両チームにスタンドから拍手が送られた。若狭の石田稜太郎主将(3年)は「今のメンバーには花園の出場経験がなく、決勝は強い思いで臨みたい」と話していた。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/11/13 14:39)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column