第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選 桐蔭VS慶応 花園かけ18日決勝 /神奈川

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県高体連、県ラグビーフットボール協会など主催、毎日新聞横浜支局後援)は10日、藤沢市遠藤の秋葉台公園球技場で準決勝2試合があった。桐蔭学園は38-8で関東六浦を降し、慶応は33-24で東海大相模を破り、ともに決勝進出を果たした。

 決勝戦は18日午後1時から、横浜市神奈川区のニッパツ三ツ沢球技場で行われる。優勝校は12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。【洪〓香】

先制し突き放す

関東六浦 反8

 0 0 1 0  3 1 0 0 0  5  8

 T G P D  前 T G P D  後  計

 2 2 0 0 14 3 3 1 0 24 38

桐蔭学園 反12

 桐蔭学園は前半2分、WTB吉沢が右隅にトライを決め先制。後半も3トライなどで24点を追加し突き放した。関東六浦は桐蔭学園の攻撃をタックルで封じきれず、終了間際の後半30分、意地の1トライを返したが及ばなかった。

猛追振り切る

東海大相模 反7

 1 0 0 0  5 3 2 0 0 19 24

 2 2 0 0 14 3 2 0 0 19 33

慶応 反6

 慶応は、FL宮田が前半15分と20分に左中間にトライを決め、優位に折り返す。後半終盤に東海大相模が猛追し、ともに3トライ、2ゴールと拮抗(きっこう)したが、慶応が前半の勢いで逃げ切った。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/11/11 12:27)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column