第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県大会開幕 天理圧勝、4強へ 天理教校、奈良朱雀も /奈良

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会県大会(県高体連、毎日新聞奈良支局など主催)が4日、天理市の天理親里競技場で開幕した。1回戦3試合があり、奈良朱雀、天理の両シードと、天理教校学園が4強進出を決めた。準決勝2試合は11日に同競技場であり、前年度優勝校で10月の国体で全国制覇した御所実が登場する。

 開会式には出場7チームが参加し、天理の照井悠一郎主将(3年)が「ここでラグビーができることを誇りに思う。感謝を忘れず、正々堂々と戦うことを誓う」と宣誓。続く各試合では、体格差をものともせず積極的にボールを奪い合う様子がみられた。

 決勝は18日午後2時から、橿原市の県立橿原公苑陸上競技場である。優勝校は12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。【稲生陽】

 ▽1回戦

天理教校 反6

 2 2 0 0 14 1 1 0 0 7 21

 T G P D  前 T G P D 後  計

 0 0 0 0  0 0 0 0 0 0  0

天理二部 反6

奈良朱雀 反2

 5 2 0 0 29 7 5 0 0 45 74

 T G P D  前 T G P D  後  計

 0 0 0 0  0 0 0 0 0  0  0

合同(畝傍・高田) 反8

天理 反0

 9 5 0 0 55 11 6 0 0 67 122

 T G P D  前  T G P D  後   計

 0 0 0 0  0  0 0 0 0  0   0

王寺工 反8

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/11/5 16:35)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞