第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

府予選決勝T・準決勝 京都工学院・京都成章、共に快勝 11日、4連続同カード決勝 /京都

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、全国高体連など主催)府予選決勝トーナメントの準決勝が3日、京都市左京区の宝が池球技場であった。昨年準優勝の京都工学院は桂に31-0で完勝し、昨年優勝の京都成章は49-10で洛北を降した。決勝は11日午後2時から同球技場で、4年連続で同じ顔合わせとなった。京都工学院は3年ぶり20回目、京都成章は3年連続10回目の優勝を目指す。【大東祐紀】

 ▽準決勝

桂 反8

  0 0 0 0  0 0 0 0 0  0  0

  T G P D  前 T G P D  後  計

  3 2 0 0 19 2 1 0 0 12 31

京都工学院 反2

 京都工学院の接点の強さが光った。キックも有効的に使って多くの時間を相手陣深くでプレー。試合を終始優位に進め、5トライを奪って快勝した。桂は終了直前にゴールライン目前まで迫ったが、1トライが遠かった。

洛北   反12

  0 0 1 0  3 1 1 0 0  7 10

  4 2 1 0 27 3 2 1 0 22 49

京都成章 反3

 京都成章がFW、バックス一体の攻撃で終始主導権を握った。ドライビングモールで押し込むなど前半に4トライ。後半も3トライで突き放した。洛北は1トライを返したが、オフサイドなど反則連発で波に乗れなかった。

〔京都版〕

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/11/4 15:14)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞