第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県大会 4強出そろう 聖光学院、15トライ圧勝 郡山北工は初戦敗退 /福島

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会県大会(県ラグビーフットボール協会、毎日新聞社など主催)は28日、いわき市のいわき21世紀の森公園多目的広場で2回戦4試合を行い、4強が出そろった。

 第1シードの聖光学院は15トライを決めて福島東稜に93-0で快勝。4連覇を目指した郡山北工は磐城に7-10で敗れ初戦で姿を消した。平工、学法福島も準決勝に駒を進めた。準決勝は11月3日、決勝は11月10日にいわきグリーンフィールドで行われる。【寺町六花】

聖光すきなし

 <いわき21世紀の森公園多目的広場>

 ▽2回戦

福島東稜 反0

 0 0 0 0  0 0 0 0 0  0  0

 T G P D  前 T G P D  後  計

 8 6 0 0 52 7 3 0 0 41 93

聖光学院 反4

 聖光学院が終始ボールを支配し、福島東稜に大勝した。CTB鴫原智が4トライを決めるなど突破力で相手を圧倒。パスやキック、走りで縦横に相手を揺さぶって攻撃の手を緩めず、つけ入るすきを与えなかった。

平工、逆転勝ち

日大東北 反4

 1 1 0 0 7 1 0 0 0  5 12

 T G P D 前 T G P D  後  計

 1 0 0 0 5 2 1 0 0 12 17

平工 反1

 平工が劇的な逆転勝ちを収めた。2点を追う後半26分、自陣22メートル中央のラックから、SH吉田亜、SO斎藤、WTB鈴木颯がパスを左に展開、最後はFB志賀が相手の守備のすきを突いて走り抜け、トライに成功した。

磐城、ミス誘う

郡山北工 反12

 1 1 0 0  7 0 0 0 0 0  7

 T G P D  前 T G P D 後  計

 2 0 0 0 10 0 0 0 0 0 10

磐城 反7

 磐城は前半27分、敵陣10メートル中央でのラックから持ち出した球をFB半谷が左中間にトライし勝ち越し。後半は郡山北工の反撃を複数の選手で体を張って抑え、相手のミスを誘って思い通りの攻めをさせなかった。

学法福島が圧倒

勿来工 反6

 4 4 0 0 28 5 3 1 0 34 62

学法福島 反2

 学法福島が9トライのうち6トライを得意のモールで奪い、BK陣も巧みなパス回しで陣地を確保し続けるなど、相手に主導権を渡さなかった。勿来工は相手のモールを崩せず押し込まれ、反撃の余地がなかった。

記事(提供:毎日新聞/2018/10/29 11:47)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞