第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選 決勝は鶴来VS航空石川 来月3日、ともに大勝で進出 /石川

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県高体連、県教委主催、毎日新聞北陸総局など後援)は27日、金沢市営球技場(金沢市富樫3)で準決勝があり、鶴来が金沢二水、日本航空石川が羽咋工にそれぞれ大勝した。11月3日の決勝は、5年連続で鶴来-日本航空石川の顔合わせ。午後1時から金沢市営球技場でキックオフされる。

 優勝校は12月27日から東大阪市花園ラグビー場で開かれる全国大会に出場する。鶴来は15大会ぶり7回目、日本航空石川は14大会連続14回目の花園切符を目指す。【岩壁峻】

 ▽準決勝

鶴来 123 66-0 0 金沢二水

       57-0

 鶴来は前半2分にHB河原のトライで先制すると、BK陣も敵陣で広く展開し、得点を量産した。特にFB山本は相手をふりほどいて快足を飛ばし、後半だけで4トライの独り舞台だった。金沢二水は1トライも奪えず完封された。

日本航空石川 163 81-0 0 羽咋工

           82-0

 日本航空石川はFW陣も積極的に得点を狙い、前半で13トライ、81得点と大きくリード。控え選手に入れ替えた後半も密集戦を制して左右に展開し、得点を積み上げた。羽咋工は終了間際の後半20分過ぎに得点機を得たが、相手FWにはねのけられトライを逃した。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/10/28 16:50)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞