第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県大会 黒沢尻工VS宮古 4年連続か、20年ぶりか あす決勝 /岩手

 花園切符をつかむのは黒沢尻工か、宮古か--。第98回全国高校ラグビーフットボール大会県大会(県ラグビーフットボール協会、毎日新聞社など主催)の決勝が28日、盛岡市のいわぎんスタジアムで行われる。東大阪市花園ラグビー場で12月27日から開かれる全国大会出場を懸け、両校が対戦。黒沢尻工が勝てば4年連続30回目、宮古が勝てば20年ぶり3回目の頂点となる。

 黒沢尻工は、FWを中心に昨年の全国経験者がそろう。花園の2回戦でAシードに大敗した悔しさをバネに、基本重視の練習で心身ともに成長。13日の準決勝では、昨年準優勝の盛岡工を104-5と圧倒した。全国8強を目標に掲げ、伊藤卓監督(44)は「アタックなど圧力をかける試合をしたい」と話す。

 対する宮古は、準決勝・黒沢尻北戦で後半に粘りを見せ、逆転勝利。4年ぶりの決勝進出を果たした。金丸健監督(42)は「素人集団だが、伸びしろもその分大きく、試合を重ねるごとにチームとして成熟してきた」。選手たちは20大会ぶりの大舞台を目指し、チーム一丸でぶつかる。

 決勝は午後2時5分キックオフ。入場料500円(高校生以下は無料)。【日向米華】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/10/27 11:16)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞