第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県大会 科学技術が2回戦へ 焼津水産、常葉大橘も /静岡

 第98回全国高校ラグビー県大会(県高体連など主催)が14日、静岡市葵区の科学技術高校のグラウンドで開幕した。開幕戦は科学技術が合同(静岡、静岡東、浜松湖南)に61-0と快勝。第2試合では焼津水産が桐陽を84-0、第3試合は常葉大橘が沼津工を77-5で降した。2回戦は21日、東海大翔洋高グラウンド(静岡市清水区)で4試合が行われる。【松岡大地】

 ▽1回戦

科学技術 61 35-0 0 合同

        26-0

(合同は静岡・静岡東・浜松湖南)

焼津水産 84 39-0 0 桐陽

        45-0

常葉大橘 77 35-0 5 沼津工

        42-5

エコパ目指したい

 ○…開幕戦で快勝した科学技術の小関修平選手(3年)は2トライと5本のコンバージョンキックを決め、勝利に貢献した。前線で体を張るFWでありながら、中学までサッカー部だった経験から正確なキックも持ち味。2015年ラグビー・ワールドカップ(W杯)で日本が南アフリカを倒す活躍に憧れ、高校からラグビーを始めた。来年のW杯会場のエコパスタジアム(袋井市)で開かれる決勝を目標にするが、2回戦の相手は優勝候補の静岡聖光。「今までやってきたことをすべて出し切り、エコパを目指したい」と気合を入れた。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/10/15 14:36)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞