第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選開幕 秋田中央が快勝 秋工も地力発揮 /秋田

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県高校体育連盟など主催、毎日新聞秋田支局など後援)が13日、秋田市のあきぎんスタジアムで開幕した。昨年より1校少ない8校が出場。12月末から東大阪市花園ラグビー場で開かれる全国大会出場を目指す。

 開会式では、昨年の優勝校、秋田工の金森栄人主将(3年)が選手宣誓し「平成最後の花園予選。最後まで戦い抜きます」と述べた。

 開幕戦は秋田中央-男鹿工。秋田中央が56-8で快勝した。3点を追う秋田中央は前半7分、FL佐藤耀次郎選手(3年)のトライで逆転。計8トライを決めた。男鹿工は前半3分、CTB金子夢歩(ろあん)選手(2年)がペナルティーゴールで先制。後半3分にトライを奪ったが、及ばなかった。

 秋田中央のSH吉田優馬主将(3年)は「バックスにボールを回してリズムを作った。タックルが外れるなど課題も出たので修正したい」と話した。

 もう1試合は秋田工が秋田と対戦し、地力を発揮して55-21で勝利。秋田工は先制を許したが、CTB佐藤竜太選手(3年)の連続トライなどで逆転。その後も7トライを決めた。秋田は前半9分、FL成田優太選手(2年)のトライで先制したが、守備が乱れた。

 秋田工の金森主将は「フォワードが強く当たるなど収穫はあったが序盤に後手になった。次戦は自分たちから仕掛けたい」と述べた。【中村聡也】

男鹿工 反5

 0 0 1 0  3 1 0 0 0  5  8

 T G P D  前 T G P D  後  計

 3 3 0 0 21 5 5 0 0 35 56

秋田中央 反5

秋田 反5

 1 1 0 0  7 2 2 0 0 14 21

 4 2 0 0 24 5 3 0 0 31 55

秋田工 反10

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/10/14 11:29)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞