第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県大会 組み合わせ決まる 花園目指し、来月28日開幕 /徳島

 第98回全国高校ラグビー大会県大会(県ラグビー協会、県教委など主催、毎日新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が25日、徳島市であり、参加9チームの対戦相手が決まった。昨年単独で出場した城南は、吉野川、城ノ内、鳴門渦潮との合同チームで出場する。県大会は10月28日に開幕し、花園ラグビー場での全国大会を目指して熱い試合を繰り広げる。

 高校総体などの結果から、シード校は城東、つるぎ、脇町、城北に決まった。抽選会では、各チームの主将が順番に、封筒に入ったくじを引き、記されている番号を大きな声で読み上げた。

 開会式の選手宣誓の抽選会も開かれ、吉野川高3年の藤大輝主将(17)に決まった。藤主将は「まさか自分に当たると思わなかった。3年間の練習を振り返りながら原稿を考えたい」と話した。

 大会は徳島市球技場(入田町安都真)であり、決勝は11月17日に予定されている。優勝校は12月27日に東大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。【松山文音】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/9/26 13:59)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞