第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選 組み合わせ 2年ぶり合同チーム V14目指す日本航空石川 来月21日開幕 /石川

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県高体連、県教委主催、県ラグビーフットボール協会共催、毎日新聞社など後援)の組み合わせが18日、決まった。2年ぶりに合同チームが参加し、昨年より一つ多い5チームが出場。金沢市営球技場を舞台に10月21日に開幕し、11月3日に決勝を行う。優勝チームは、12月27日に東大阪市花園ラグビー場で始まる全国大会に出場する。

 昨年の全国大会で県勢初の8強入りを果たし、県予選14連覇を目指す日本航空石川の優位は揺るがない。高校日本代表候補のロック、アサエリ・ラウシ選手(3年)を筆頭に屈強なFW陣を擁し、無失点での県予選通過を狙う。対抗1番手の鶴来は、豊富な運動量を誇るバックスが切り込んで得点機を生み出す。昨年の県予選決勝は日本航空石川に0-95で大敗。苦い記憶を胸に雪辱を期す。

 合同チームは現時点で、小松▽石川県工▽金沢西▽金沢桜丘▽金沢学院--が参加予定。金沢桜丘の監督で、県ラグビーフットボール協会の本間淳理事長は「試合経験を積ませることが大事。選手たちを何とか育てていきたい」と話している。【岩壁峻】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/9/19 14:31)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column