第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

南北大会16校決まる 10日に抽選、20日開会式 /北海道

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の予選を兼ねた第71回道高校ラグビー南北選手権大会に出場する16校が出そろった。

 昨年の全国大会出場校、函館ラサール(函館地区)と中標津(釧根地区)はそれぞれ、南北大会進出を決めた。南北大会の組み合わせ抽選は10日、札幌市内であり、20日に遠軽町のえんがる球技場で開会式が開かれる。【土谷純一】

南北道大会出場校◇

 <南北海道>

 ▽札幌地区

札幌山の手(22年連続24回目)

立命館慶祥(10年連続11回目)

札幌厚別(3年連続5回目)

北嶺(2年ぶり3回目)

 ▽函館地区

函館ラサール(8年連続10回目)

函館大有斗(3年ぶり31回目)

 ▽小樽地区

小樽桜陽(5年連続20回目)

 ▽空知地区

芦別(38年連続57回目)

 <北北海道>

 ▽旭川地区

旭川龍谷(4年連続26回目)

旭川工(7年連続18回目)

富良野(2年ぶり39回目)

 ▽北見地区

北見北斗(14年連続48回目)

遠軽(13年連続35回目)

湧別・美幌(初出場)

 ▽十勝地区

帯広柏葉(2年連続8回目)

 ▽釧根地区

中標津(37年連続60回目)

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/9/4 10:55)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞