第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選 組み合わせ決定 来月1日から、39チーム熱戦 /埼玉

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会の県予選(関東ラグビー協会、県教育委員会など主催、毎日新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が27日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(熊谷市)であった。開会式は9月1日に県営熊谷ラグビー場で行われ、合同チームを含む39チームが同8日~11月17日に県内各地で熱戦を繰り広げる。優勝チームは12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。

 開会式は、リニューアルした県営熊谷ラグビー場の初の公式行事。準決勝と決勝は、改修工事で芝生を全面的に張り替えた同Aグラウンドが試合会場となる。

 抽選会では、春の関東大会県予選の成績などを参考に、昌平▽深谷▽浦和▽立教新座▽熊谷工▽伊奈学園▽川越東▽慶応志木の計8校がシード校に決定。残るチームの各代表がくじを引いた。選手宣誓は抽選の結果、前回優勝した昌平の斎藤響主将(3年)に決まった。【大平明日香】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/8/28 12:04)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞

Column