第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

岡山予選

【開催期間】2018年11月04日 ~ 2018年11月18日

玉島高校が代表校に決まりました
2大会ぶり2回目

決勝戦

玉島高校

21

7-14
14-0

14

倉敷工業高校

11月18日(日) 岡山県美作ラグビー・サッカー場

ハイライト記事

県予選決勝 玉島、2年ぶりV 倉敷工に21-14、花園へ /岡山

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(日本ラグビーフットボール協会、全国高体連、毎日新聞社など主催)の県予選の決勝が18日、美作市入田の美作ラグビー・サッカー場であった。玉島が倉敷工を21-14で降し、2年ぶり2度目の優勝を決めた。玉島は12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。【戸田紗友莉】

 ▽決勝

倉敷工 反8

 2 2 0 0 14 0 0 0 0  0 14

 T G P D  前 T G P D  後 計

 1 1 0 0  7 2 2 0 0 14 21

玉島 反4

 前半、倉敷工にリードを許した玉島は後半、ディフェンスでプレッシャーをかけて相手の反則を誘い、ラインアウトからのモールで押す得意な流れを作り、逆転勝ちした。

 7点差を追う後半12分、相手の意表を突く走りで一気にゴール前まで走り込んだFB友定啓仁選手(3年)からボールをつなぎ、ゴール前密集から左プロップ上村和寿選手(同)が押し込みトライ。「目の前に空間が見えたので突っ込んだ」。友定選手が落ち着いてゴールを決め、同点とした。

 後半24分、相手の低いキックをSH大熊達也選手(同)がキャッチし、バックス中心に展開。CTB坂本修司選手(同)からボールを受けた左フランカー永谷玲温選手(2年)が左サイドから駆け上がり、そのままトライ。「ここで点を取り切るしかない」と自らパスを呼び、空いていたスペースに走り込み、決勝点となった。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/11/19 16:06)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

Column