第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

大阪第2予選

【開催期間】2018年09月09日 ~ 2018年11月18日

大阪朝鮮高級学校が代表校に決まりました
4大会ぶり10回目

決勝戦

大阪朝鮮高級学校

38

12-0
26-12

12

同志社香里高校

11月18日(日) 東大阪市花園ラグビー場

ハイライト記事

府予選決勝 大阪桐蔭、大阪朝鮮、常翔学園が花園つかむ /大阪

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会府予選(大阪高校体育連盟、関西ラグビーフットボール協会主催)の3地区の決勝が18日、東大阪市花園ラグビー場第1グラウンドであった。第1地区は大阪桐蔭が大産大付を圧倒し、7大会連続13回目の全国大会へ。第2地区は大阪朝鮮が同志社香里を降して4大会ぶり10回目、常翔学園は東海大大阪仰星に快勝して4大会連続37回目の全国出場をそれぞれ決めた。全国大会は12月27日、花園ラグビー場で開幕する。【加藤佑輔】

第1地区 大阪桐蔭

大産大付 反9

 1 1 0 0  7 1 1 0 0  7 14

 T G P D  前 T G P D  後  計

 6 5 0 0 40 5 3 1 0 34 74

大阪桐蔭 反3

 大阪桐蔭は前半2分、NO8堤田がラックからトライを決め、先制。巧みなパスワークで試合の主導権を握った。大産大付は前半、FB宗のトライなどで同点に追い付いたが、その後は大量得点を許した。

第2地区 大阪朝鮮

同志社香里 反4

 0 0 0 0  0 2 1 0 0 12 12

 2 1 0 0 12 4 3 0 0 26 38

大阪朝鮮 反5

 大阪朝鮮は前半2分、ゴール前の中央ラックから右ロック尹がトライを決めて先制。その後も強力なモールで試合を組み立て、計6トライを挙げた。同志社香里は後半に2トライを決める意地を見せたが、及ばなかった。

第3地区 常翔学園

東海大大阪仰星 反10

 1 1 0 0  7 0 0 0 0  0  7

 2 2 0 0 14 6 5 0 0 40 54

常翔学園 反4

 常翔学園は前半5分、ゴール直前のラックから梁本がトライを決めて先制。その後もバックス陣の縦突破でトライを重ねた。東海大大阪仰星は何度もゴール前まで攻め込んだが、前半21分の1トライにとどまった。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/11/19 14:41)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

トピックス

毎日新聞

Column