第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

「全力で初戦突破」 岐阜工選手が決意 壮行会 /岐阜

 東大阪市花園ラグビー場で27日に開幕する第97回全国高校ラグビーフットボール大会(全国高体連、毎日新聞社など主催)に7年ぶり18回目の出場となる岐阜工業高校ラグビー部の壮行会が17日、笠松町常盤町の同校グラウンドで開かれ、県ラグビーフットボール協会役員らが選手たちを激励した。

 初めに徳重正監督が登録選手30人を一人ずつ紹介。続いて田代正美・県ラグビーフットボール協会会長が「初戦の尾道(広島)は過去にベスト4に入ったことのある強豪。皆さんは心を一つにして臨んで1回戦を突破し、ベスト8を目指して力いっぱい頑張ってください」とエールを送った。恩田陸主将(3年)は「花園で正月を迎える目標で頑張ってきた。最後まで全力でプレーし、必ず初戦を突破したい」と決意を誓った。

 選手団は25日に地元を出発し、奈良市の宿舎に入る。27日に花園ラグビー場での開会式に臨み、28日午後1時55分から第1グラウンドで1回戦の尾道と対戦する。【立松勝】

岐阜・各務原スクール出身 小中からの団結力、強み

 岐阜工高ラグビー部の全国大会出場の原動力の一つになったのが、小中学生時代にともにボールを追いかけてきた岐阜ラグビースクールと各務原ラグビースクール出身選手たちの強い団結力だ。

 両スクール出身者は登録選手30人中10人で9人がレギュラー。SH恩田陸主将、CTB大野京介副主将、プロップ片野友貴の3年生と、フランカー氏家恭兵、SO戸野部謙、FB武山雄太の2年生、フランカー松山青(1年)の7選手が岐阜ラグビースクール出身で、フッカー石黒琉生(2年)とロック高木寛大(1年)の2選手が各務原ラグビースクール出身。小中学生時代、ともにラグビーに取り組み、絆を深めてきた。片野と氏家両選手は母親同士が姉妹でいとこの間柄だ。

 岐阜ラグビースクールは氏家選手の父隆さん(55)が監督で、戸野部選手の父晃典さん(50)=トヨタ自動車=がコーチを務め、いずれも岐阜工高ラグビー部OBだ。氏家選手は「恩田先輩や大野先輩と一緒に花園へ出られるのはすごくうれしい。みんな気心が分かっているので連携プレーが思い切ってできる。初戦は絶対に勝ちたい」と闘志を燃やす。

 県スクール選抜チーム団長の村上栄司・岐阜ラグビースクール理事長(52)は「小学校からずっと一緒にラグビーを続けているメンバーが岐阜工に集まった。2年生と1年生はスクール時代に花園ラグビー場を経験しており、選手同士が信頼関係にある。仲間を信じてベストを尽くしてほしい」と話す。【立松勝】

「結果残して」保護者ら激励

 岐阜工業高校ラグビー部の保護者会主催の花園壮行会が17日夜、岐阜市内のホテルで開かれ、約100人が出席した。部員40人が一言ずつ、「正月を花園で迎えたい」「最後まで仲間を信じてプレーしたい」「応援でチームに貢献したい」などと意気込みを語った。

 保護者会の恩田威史会長が「全国大会でしっかりと結果を残してほしい」と激励した。来賓の江口健治郎校長と長屋博明・育友会会長、広瀬〓・同窓会会長、綾村英樹・ラグビー部OB会会長が祝辞を述べた。徳重正監督が「選手に感謝しかない。きつい練習を耐えて、いい試合をみせてくれた。応援をよろしくお願いします」と話した後、部員一人一人があいさつした。【中村宰和】

 ◆岐阜工ラグビー部◆

 1959年に宮崎満彦・初代監督が創設。全国大会は西宮球技場で開催された第39回大会(59年度)で初出場し、翌年の第40回大会に2連続出場した。3回目出場の第43回大会で花園ラグビー場の芝を初めて踏み、第48、50、65回大会の計3回8強入りした。現チームを率いる徳重正監督は第83回大会から田中輝夫前監督の後を受け継ぎ、今回で花園出場4回目、戦績は1勝3敗。OBにはワールドカップ2019日本代表戦略室長の薫田真広氏(51)=東芝=らがいる。

 ◆尾道ラグビー部◆

 花園出場は11年連続12回目。第87回大会で8強、第94回大会で4強に入った。前回大会も岐阜代表の関商工と1回戦で対戦し、勝利している。東海地区の代表校との初戦対決は、関商工2回、中部大春日丘(愛知)2回、朝明(三重)1回の計5回。中部大春日丘とは第90回大会で12-12、第91回大会で19-19と2年連続引き分けた。くじ引き抽選の結果、第90回大会は2回戦進出の当たりくじを引き、第91回大会は逆に外れくじを引いた。

岐阜工ラグビー部登録選手

監督 徳重正(45)

 1 片野友貴(3)171 82

 2 石黒琉生(2)163 81

 3 岸野歩夢(3)167 84

 4 吉田裕平(3)180 84

 5 高木寛大(1)173 85

 6 氏家恭兵(2)176 73

 7 松山青(1)182 90

 8 日比野大穂(2)165 78

<9>恩田陸(3)172 72

10 戸野部謙(2)172 70

11 水谷圭(3)168 78

12 大野京介(3)173 87

13 栗木涼太(3)180 83

14 浅野弘樹(3)165 64

15 武山雄太(2)170 70

16 二宮健次(2)173 80

17 奥村知也(2)178 77

18 太田雄斗(2)165 80

19 石森皓玖(2)166 87

20 小島稜平(3)183 81

21 谷口真規(3)169 64

22 加藤祐樹(2)165 65

23 深尾英利(2)160 60

24 田中大輝(1)170 70

25 徳原利樹(2)177104

26 池野魁人(2)164 73

27 香田大輝(2)165 62

28 岩田陸歩(2)172 75

29 窪山駆(1)163 60

30 森亮磨(1)166 86

(※数字は予定背番号、<>数字は主将、カッコ内数字は学年。身長はセンチ、体重はキロ)

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/18 11:25)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞