第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

とてもリラックス、大阪桐蔭 高校ラグビー7日決勝

 第98回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は最終日の7日午後2時から、東大阪市花園ラグビー場で決勝があり、初優勝を目指す大阪桐蔭(大阪第1)と8大会ぶり2回目の優勝を狙う桐蔭学園(神奈川)が対戦する。

 大阪桐蔭は6日、終始リラックスした表情で最終調整。FW陣は得点源となるラインアウトからのモール攻撃や密集プレーでの動き方を念入りに確認し、バックス陣もFWとの連係や密集からの素早い球出しを繰り返していた。最後は部員全員で花道を作り、その間を選手たちが駆け抜けてタックルする、決戦前日の恒例行事で締めくくった。主将のCTB松山は「自分たちから仕掛けて、攻撃を継続させたい。最後は笑って終わりたい」と花園初優勝を見据えた。

 大阪桐蔭・綾部正史監督 前回決勝で敗れたことをエネルギーに変えて、この1年間やってきた。選手たちはとてもリラックスできている。自分たちの強みを出したい。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/6 18:19)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column