第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

力強さの大阪桐蔭か勝負強さの桐蔭学園か 高校ラグビー7日決勝

 第98回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は最終日の7日午後2時から、東大阪市花園ラグビー場で決勝があり、初優勝を目指す大阪桐蔭(大阪第1)と8大会ぶり2回目の優勝を狙う桐蔭学園(神奈川)が対戦する。大阪桐蔭は前回大会に続く2回目の決勝進出。一方、第90回大会(2010年度)で東福岡と両校優勝している桐蔭学園は3大会ぶり6回目の決勝進出で、初の単独優勝がかかる。

 両チームは6日、最終調整を行った。

 FWを軸に力強い攻撃がさえる大阪桐蔭に対し、桐蔭学園は試合を重ねて勝負強さが増している。攻撃力では大阪桐蔭が優勢だが、桐蔭学園は粘り強い防御から攻守を切り替えられれば勝機が生まれそうだ。

 大阪桐蔭はフランカー奥井らFW陣に加え、主将の松山、高本の両CTBに突破力がある。体格を生かした強い当たりからボール争奪戦や密集戦を制し、流れをつかみたい。

 桐蔭学園は石見智翠館との3回戦ではミスが目立ったが、準々決勝で天理の堅い防御を破り、準決勝では東福岡との点の取り合いを制した。SH小西の的確な判断力とSO津田のキックが攻撃の鍵となる。

 両チームが対戦した前回大会準決勝では大阪桐蔭が勝利し、昨年4月の全国選抜大会決勝は桐蔭学園が制した。1年越しのライバル関係に決着をつける。【村社拓信】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/6 18:15)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column